So-net無料ブログ作成

可愛い子には旅を [出来事]

P1070903-1.JPG

土曜日、息子が日本から無事一人で帰ってきた

前回のブログにも少し書きましたが
息子一人実家に残し、私たちは7月末にアメリカに戻りました。

それから、2週間
ほぼ毎日のように、実家と我が家とでスカイプで話し
息子の塾が無いOFFには、祖父母や義理妹夫婦達が
色々な所へ連れて行ってくれたり
寂しがり屋の息子に至れり尽くせり・・・・(感

そして、帰国前日
成田空港やシカゴでの出入国手続きや乗り継ぎ方法を念入りに教えた
(本人はどこまで、長~い説明に真剣に耳を傾けていたか???)

出発当日
セントレアでは、あらかじめ予約してあったJALファミリーサービスの方が
チェックインカウンターで待っていてくれたそうですが
「搭乗ゲートまで自分で行けるから大丈夫」とお断りしたそうです

成田では、飛行機を降りてすぐにファミリーサービスの方が待っていてくれて
セキュリティーチェック→出国手続き→さくらラウンジまで案内してくれ
時間を決めラウンジのカウンターで待ち合わせ、今度はシカゴ行きの搭乗ゲートまで案内

シカゴの飛行機出口からの案内は、
イミグレーションで入国管理官の方の質問も全て通訳してくれて
(そのくらい自分で言えなかったの?!(-_-メ))
荷物を一旦受け取り、税関、アメリカン航空(AA)の所で荷物を預けた。
ファミリーサービスは、ここでお別れと聞いていた

・・・が、そこから更に
トラムに乗ってターミナル5→3に移動し、AAのセキュリティーチェックを受け
電光掲示板で搭乗ゲートを調べて
ゲートまでひたすら歩いてゲートまで連れて行ってくれた。

文章で経路を書くと簡単そうですが
いつも他人任せの息子にとって
広~いシカゴの空港で一人表示を見ながら移動することは大冒険だったはず
ですが、全く心配不要!
ぼーっとサービスの方と一緒に歩くだけだったようです[もうやだ~(悲しい顔)]

結局、いつも家族と移動してるのと同じ人任せ
しいて言えば、話し相手がいないだけ・・・

チョット拍子抜けでした(-_-;)

でも、さすがJAL!!!
そこまでのサービスをしてくれるのは
  きっと日本の航空会社だけでしょうね!

アメリカまで個人で来る自信が無いご両親を呼ぶには
とっても安心できる素晴らしいサービスですね(^v^)

まっ、無事に元気に帰って来てくれて何よりです[わーい(嬉しい顔)]





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。